FC2ブログ

JUNK SHOP FACTORY ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スペクテイター最新号(29号)入荷のお知らせ

vol29.jpg


特集:ホール・アース・カタログ《前篇》
アップル・コンピューターの創設者スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学卒業式のスピーチで引用した「Stay Hungry, Stay Foolish」という有名なフレーズとともに注目を集めながら、その中身については謎が多かった「ホール・アース・カタログ」。
異議申し立ての時代を象徴するこの歴史的書物は、当時どう読まれ、のちの社会や文化にどんな影響を与えたのか?
日本のカウンターカルチャー・ムーヴメントにも深く係わってきた論客を書き手に迎え、その答えを2号に渡って解明していきます。
サステイナブルライフ、緑色運動、DIY、自己教育、ネットワーク型コミュニケーションなど、さまざまな文化やムーブメントの基礎を築いたことでも知られる「伝説のカタログ」。その実態に迫る総力特集に、どうぞ、ご期待ください!


特集「SEEK & FIND Whole Earth Catalog」

■ 巻頭対談  ホール・アース・カタログ伝説をめぐって

■ホール・アース・カタログのできるまで
文/赤田祐一
挿画/大谷秋人

■ホール・アース・カタログ概論
文/ばるぼら ( ネットワーカー)

■70 年代、日本の若者雑誌に、なにが起こっていたのか?
文/橘川幸夫 ( デジタルメディア研究所所長)

■ヒッピーたちは、なぜパソコンに魅せられたのか?
文/仲俣暁生 (文芸評論家)

■バックミンスター・フラーの影響力
柏木 博(デザイン評論家)インタビュー
文/編集部

■ベジタリアニズムと『ホール・アース・カタログ』
文/鶴田 静(菜食文化研究家)

■『ホール・アース・カタログ』と「自分を育てる教育」
文/末永蒼生(講座「色彩学校」主宰)

■『ホール・アース・カタログ』の成果、および全球時代の幕開け
文/津村喬(気功家)

* *

■マウイの大佛———ラハイナ浄土院 滞在記
写真・文/岩根愛

■ 証言構成『COM』の時代 あるマンガ雑誌の回想 1967-1973 〈最終回〉
取材・構成/赤田祐一

■SMALL TALK OF THE TOWN
文/麻太朗、越川芳明、ハーポプロダクション、工藤カツレツ、ナイトウガク、坂本大三郎、tintin

■猟盤日記 
文/戸川昌士 
扉絵/ミッチイ河鍋




スペクテイター29号 SPECTATOR Vol.29 価格:1,000円(税込)

こちらの商品は【JUNK SHOP ONLINE STORE】からも購入可能です。

| その他 | 18:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スペクテイター最新号(28)絶賛発売中

spct28.jpg

OUTSIDE JOURNAL 2013
特集:野生のレッスン
野を知り、野を食べ、野に生きる。「野生」を日々の暮らしに取り入れる方法を、京都市在住のワナ猟師、三匹の豚を飼い喰いした女性作家、DIYムーヴメントを牽引する雑誌編集長らとの対話の中に探った特集。ほかにもアウトサイドな感性を刺激する記事が満載のアニュアルイッシュー第2弾。乞ご期待!



■ 夢の自給自足生活
漫画/和泉晴紀

■ 猟師の世界
『ぼくは猟師になった』著者 千松信也インタビュー
取材・構成/青野利光 赤田祐一
イラストレーション/黒川知希

■ 手作り志向のまち「藤野町」探検記
文/赤田祐一
写真/伊藤和馬

■ 失われた「自然」を求めて
『飼い喰い』『身体のいいなり』著者 内澤旬子インタビュー
取材・文/神田桂一
写真提供/内澤旬子

「脱中心化」という新しいクリエイティヴ
マーク・フラウエンフェルダー(ジャーナリスト・『Make:』編集長)
取材・文/野中モモ

■ ぐうたら自然農体験記
文/鶴見済
イラストレーション/藤原夏来

■ 本当のアウトドア・ライフとは、と考えてみる
文/芦沢一洋
イラストレーション/矢吹申彦

■ 日本のハイキングの「昨日、今日、明日」
〈ハイカーズ・デポ〉土屋智哉インタビュー
文・写真/三田正明

■ テラさんという天才編集者がいた
文・構成/赤田祐一




価格:952円+税

こちらの商品は【JUNK SHOP ONLINE STORE】からも購入可能です。

| その他 | 12:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スペクテイター最新号(27号)絶賛発売中

vol27.jpg

特集:小商い(こあきない)
読んで字のごとく小規模な商売のこと…だけど、小さく稼ぐだけが小商いじゃない。街や人をイキイキとさせるためのヒントが、古くて新しい響きを持ったこの言葉には隠されているのです。これから小商いを始めてみたい人、暮らしに新しい風を吹かせたい人、理想のコミュニティについて考えてみたい人。そんなアナタには役立つに違いない知恵とヒントが詰まった特集です。



■ KYOTO, In the City Lights 小商いが教えてくれたこと
ナミイタアレ、村屋、百万遍手づくり市、ニョキニョキモール、フランク菜ッパ
インタビュー/出町柳之介(りゅうさん)、福村祖牛さん
取材・文/山口二大
写真/吉崎孝介、神波みさと
イラスト/和田良太

■ 小商い講座
★講師1・平川克美 「もう成長しない時代」の生き方
★講師2・小川さやか アフリカ・タンザニア商人たちに学ぶ「路上で生き抜く知恵」
★講師3・阿奈井文彦 名作探訪「アホウドリの仕事案内」「昔は一途な職人が多かったね」
再録「ハサミの使い方」国治刃物工芸 川澄悦郎・巌、「新聞切り抜きます」内外切抜通信社 石畑太郎 折茂仲次郎

■ OPEN OUR SHOP! やってみた体験記 〈ワンデーストア〉ができるまで
取材・文/間宮賢
イラスト/勝川克志

■ 実践者に聞いた 小商いのヒント
エヒタ〈100アイコン〉、三帰天海〈瞑想教室・こころの柔道教室〉、金田善裕〈オンライン英会話個人レッスン〉&〈作文添削塾〉、yoyo.〈VEGIしょくどう〉原崎拓也〈One Kitchen〉、菅野信介、長谷川知好、浦中徹〈AM-A-LAB〉、那須太一〈古書赤いドリル〉、松谷健〈キャプテン・トリップ・レコーズ〉
取材・文/神田桂一
イラスト/makom

■ 明治大正昭和 珍商売グラフィティ

■ BOOKGUIDE FOR WORKING
新しい「小商い」を始めたい人のためのブックガイド
選書・文/仲俣暁生
イラスト/なみちゃん

巻頭コラム
#1「賀川豊彦に学ぶ100年前のシェア」渡邊裕之
#2「Yes, We Cannabis!」LSDove
#3「僕はなぜBライフにこだわるのか」高村友也

■ MAKE YOUR MARK IN YOUR SOCIETY
文/小山内隆
写真/Yoshihiro Makino、GRAVIS、SUGI

■ UP TO NORTH
写真・文/渡部祐司

■ 証言構成『COM』の時代 あるマンガ雑誌の回想 1967-1973
取材・構成 赤田祐一

■ SMALL TALK OF THE TOWN
文/さぶ、桜井通開、坂本大三郎、佐伯誠、tintin、越川芳明、とうめいねこ、宮崎正江、ハーポプロダクション

■ 猟盤日記
文/戸川昌士
扉絵/ミッチイ河鍋




価格:1,000円(税込)

こちらの商品は【JUNK SHOP ONLINE STORE】からも購入可能です。

| その他 | 19:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DJ YOGURT ミックスCD 最新入荷!「1970'S JAMAICAN DUB-MIX」

DJ YOGURTの70'Sジャマイカンダブミックス
DJ YOGURTの新作ミックス「1970'S JAMAICAN DUB-MIX」入荷!
70年代のジャマイカダブ音源をアナログの鳴りと空気感を大切にレコードのみで録音されたヴィンテージスタイルミックス。まったりとしたゆるいダブが全編約70分を3パートに分けて収録されています。ダブ~レゲエに馴染みがない人にもおすすめ! 【視聴】

dub-mix_f.jpg


自分がDUBを聴き始めた10代後半の頃から、いつか作りたいと思っていた「70年代のジャマイカダブ」の「アナログのみを使った」DJMIXを今回CDでリリースします。
70年代のジャマイカのスタジオならではの、柔らかな響きのアナログ・ダブを20曲以上使い、ターンテーブルのピッチコントロールを初めて「使わないで」MIXした生録音音源です。

CDリリース用に施すマスタリングもソフトの使用を最小限に抑えて、なるべくアナログの鳴りをそのまま届けたいと考えて制作しました。そのため数々の小さなノイズもそのまま修正しないで入っていますが、70年代ジャマイカダブはそこも味のうちということで、楽しんで貰えたら、と思っています。デジタル全盛、ソフトで音を修正するのが当たり前の時代には新鮮に聴こえる人もいるんじゃないかとも。
90年代中盤に数々の傑作をリリースしたBasic Cannel~Chain Reactionがリリースした作品の一部で使われていたように、「あえてレコードから発生するノイズや、ノイズのように聴こえる音を曲に被せる」感覚も今回のMixCDには流れています。

アナログ機材のディレイやスプリングリバーブ等の独特のエフェクト音が満載のDUBと、歌もののDUBの2つのタイプのDUBを、1980~2000年代にUKで再発された1970年代のジャマイカ・ダブのレコードの中から選曲しました。
歌ものDUBをDEEPなDUBに挟むことで、何度も繰り返し聴きたくなるDJMIXCDに仕上がっています。実際に自分はこのMIXCDが仕上がってから、一時期延々と聞くのにハマって、自分自身でもこのMIXの中毒性を体感しました。ド迫力のDUB音響を求められると、このMIXではものたりないかも、ですが、可愛らしさも感じられるアナログのエフェクト感をアンビエント的と感じる人だったらこのDJMIXを楽しんでもらえるんじゃないかと思っています。

DJ yogurt


価格:1,260円(税60円)
こちらの商品は【JUNK SHOP ONLINE STORE】からも購入可能です。


| その他 | 16:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DICTIONARY “150号” 【新しい人の輪を作ろう。安易な道を選ばず、広く、柔軟な心を持って…】入荷しました

フリーペーパー DICTIONARY“150号”入荷しました。
バックナンバーも今なら揃っておりますので欲しい方はお早めにご来店くださいませ
早いもの勝ちですよ~

1180838.jpg


新しい人の輪を作ろう。安易な道を選ばず、広く、柔軟な心を持って…

今年引いたおみくじ「大吉」に、 私たちの向かう方向のすべてが記されていました。 十二支の「巳年」は「植物に種ができはじめる時期」でもあるそうです。 福岡へ、岡山へ、そして新たな東京の地で、 再び種を蒔きたいと念います。 今年もどうぞよろしくお願いします。 桑原茂→

移動することで見えてくる、そして解き明かされていく謎。街の話に刺激をうけつつも、いまさらながらにコミュニケーションの鍵を見失いそうです。ライブで感じる空気を。神南でのアートピクニック是非おこしください。
服部全宏

■T-Shirts as Media 2013 Rock'n Arrow
 大原大次郎、稲葉英樹、井口弘史、島津由行

■DJカルチャーのゆくえ
【鼎談6】田中知之×MURO×高木完

■COMMUNITY MART MHL
 MHL × THE DICTIONARY

■NEW WORKER 08
 働くことの純粋な喜び

■“How to argue ~ 生きるための議論”
 茂木健一郎、桑原茂一、吉村栄一

■Ray Gheung(YOHO!)×米原康正 対談 CUT UP



JUNKSHOP FACTORY店頭にて配布中!!
バックナンバーも146号から揃っております
数に限りがございますので欲しい方はお早めに!!

フリーペーパー「DICTIONARY」は、少量入荷のため、レジにて手渡しで無料配布させて頂いております。
お求めの方はお気軽にスタッフまで。

| その他 | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT